【英語勉強法】偏差値29から最短で偏差値62になる勉強法

最短3か月で英語の偏差値を上げる受験戦略・勉強法を公開します。この勉強法に沿って学習いただければ最短で偏差値60越えを果たせます。この勉強法で学ぶ人に向けて週1でライブ配信でサポートしていきます。
すでに3300名以上の合格者を生み出している方法です。

【最短で偏差値29から62に上げる勉強法line@】
@irg4316f でID検索!
(もしくはメールアドレスでも登録可能。登録は→http://exam-achievement.jp/lp/magazin…

【本動画に関連するリンク】
01:54~英単語勉強法リンク
https://www.youtube.com/watch?v=xh_AS…
02:46~「ふんいき英単語」リンク
https://www.youtube.com/watch?v=EVkAr…
06:31~英文解釈のやり方
https://www.youtube.com/watch?v=cyRZB…
11:19~ くもんの中学英文法
https://www.youtube.com/watch?v=_OTOK…

<YouTube予備校 松原一樹プロフィール>
1981年3月生まれ。中学時代、登校拒否を起こし、当時偏差値39の私立高校へ入学。高校1年時に全科目0点で偏差値29を取り、勉強に打ち込むことを決意する。その後、4年間で1万2000時間以上という、極端に長時間の非効率的な学習を行う。その結果、当時の「進研模試」では英数国の偏差値75、特に数学は偏差値90以上をマークし、所属科で創設以来の高校2年生からの特待奨学生(学費全額免除)になる。2000年4月、早稲田大学人間科学部に入学。大学在学中は「受験指導者」として生徒と向かい合った。受験時代、「効率」を知らないがために莫大な時間を費やしてしまった経験から、具体的な科目の内容を教えることよりは、志望校合格のための「全科目の学習プランの作り込み」と「心理特性に合わせた学習指導」に力を入れ指導を行う。自学自習のサポートを中心にすえて、当時、自らも大学生ながら、受け持った受験生全員60人を合格へ導いた(うち、東大12名、早慶42名)。早大卒業後に旧UFJ銀行と旧東京三菱銀行の経営統合に伴う「大型IT案件」に従事。そこで得た「システム思考」を学習指導に取り入れ、携帯電話とパソコンを使い、予備校の無い地方や、遠方の生徒向けに特化して「都市部に遜色の無い大学受験指導」を受けられるような仕組みを構築、日々改良を加えつつ実践している。著書に「9割受かる勉強法」ほか3冊ある。

松原の著書のなかでベストセラーになった本
9割受かる勉強法(アマゾン)
http://www.amazon.co.jp/9%E5%89%B2%E5…

関連記事

  1. 【中1英語】㉛「~することができる」のcan

  2. How Did You Learn English?? どうやって英語…

  3. 80万人が使うオススメ英会話学習アプリ Real英会話 スピードクイズ…

  4. Moe Academy – 英語学習アプリ

  5. 【洋楽で英語学習】Red Hot Chili Peppers R…

  6. アメリカの英語を学ぶ、VOAの英語を学ぶ、VOAの特別な英語、コレクシ…

  7. 【英語学習2】英語習得の到達点は学習前に決まっている!【先生コーチング…

  8. #50 日本語での英語学習 Cambridge English 下妻市…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。