英語でモーニングルーティン(育児休暇中ママ)|聞き流し 英語|英語リスニング|英会話

★★英語のリスニング力アップのためのこの動画のベストな活用方法については、下記をご確認ください★★

《今日の動画について》
最近のモーニングルーティンをご紹介します!幼稚園の準備もあるので、前半はめっちゃバタバタですが、後半はかなりのんびりしています。今は育児休暇中(育休といいますかね)なので、こんなのんびりした生活はずっと続かないので、たっぷり楽しみたいと思います!

《今日の英語》
Crack me upは今日の英語です。「すっごく面白くて笑わないでいられない」という意味です。今回の動画に「アレックスが面白くてオリビアが笑ってしまう」という文脈なので
Alex really cracks Olivia up.
という文書になります。

みなさんも使いたい場合は「He really cracks me up.」とか「That really cracks me up」のような使い方は正しいです。

《この動画を英語の勉強にどうやって使う?》
「聞き流し英語」的な感じでこの動画を是非見てください。私達のチャンネルで、実際にネイティブが使っている英語の文法も使っていますし、変にスピードも落としていませんので、このスピードにある程度慣れてたら、海外に行ったらばっちりなはずです!

ですので、是非こちらの動画で英語のリスニングの勉強していただければと思います!

なお、英語のリスニング力アップのためのこの動画のベストな活用方法があります。4ステップ法
①まず、動画を最初見る時に、日本語の字幕を見ながら楽しく動画を最初から最後まで見る。このステップは「英語を勉強する」ステップではなく、単純に「動画の内容」と「ストーリーの展開」を覚えるステップです。つまり、英語・日本語関係なく、この動画で何が起きているかを理解することがステップ1です。ここであまり英語の勉強を気にしなくてもいいです。

②もう一度動画を見るけど、今度は、各フレーズ(気になるフレーズ)を1つ1つ丁寧に聞いて、英語と日本語の字幕(両方とも)一緒に読んで、英語のフレーズ(英語の表現)や言い方を意識する。一時停止したり、巻き戻したりすると理解しにくい英語の表現を理解できるかもしれません。信じがたいですが、私達の動画に本当に「知っておくべき英語」が厳選されています。なのでどのフレーズを学んでも損ではありません。「生きた英会話」と思っていただければと思います。

③もう一度動画を見る。今後は、日本語の字幕を絶対に見ないで動画を見る。理解できない場合は、絶対に英語の字幕だけを見る。なので、このステップは、「海外に留学したばかりの人になった気分」。つまり、日本語に頼らないステップ。

④英語の字幕と日本語の字幕、どれも全く読まないでで最初から最後まで動画をもう一度見る。 絶対に、自分の理解度に驚くはずです。100%は理解できないかもしれないが、聞く前と比較すると本当にビビるぐらい英語力が伸びる。「ええ?これだけで英語力が上がるの?」と思われる方が多いと思うけど、4回も同じ箇所を見ているので、それだけで思っている以上に英語が身についている(同じ歌を4回聞けばなんとなく歌えると一緒)。留学する時に、こういう風にみんな学ぶ。因みに幼児も同じように言語を学ぶ。

この4つのステップを踏んだ後に、もしまだ動画の内容が完璧に理解できないということであれば、リスニング聞き取れなかった箇所だけに戻り、更に2—3回を聞くことがお勧めです。

最後ですが、もし、使っている英語について何か質問があればいつでもコメントで聞いてくださいね。他の視聴者のためにもなるし遠慮なく聞いちゃってください。

では、Good luck!!!

**Follow us**
Instagram: https://www.instagram.com/bilingualbaby/
Twitter: https://twitter.com/bilingualbaby01
Blog: https://ameblo.jp/bilingualbaby

#英語リスニング #聞き流し #モーニングルーティン

関連記事

  1. アンパンマンポケモンピカチュウ 英語子供向けアニメテレビ♪赤ちゃん泣き…

  2. 短期集中!3か月英会話 2017年11月1日(水)

  3. 【ネイティブキャンプ英会話】Somi講師

  4. 【ネイティブキャンプ英会話】SUNITHA 講師

  5. ラジオ英会話~ハートでつかめ!英語の極意~「Lesson56」 201…

  6. 【ネイティブキャンプ英会話】Venus講師

  7. アニオタのドイツ人と英会話したら日本の恥になった-フォートナイト【Pi…

  8. 【ネイティブキャンプ英会話】Mac講師

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。