英語の話し方、実践編。中級編 Unit 4 名詞の修飾 2 現在分詞  英会話上達のために英語の仕組みを学ぶ

また、Intermediate編開始に伴い、私のYouTube動画レッスンは期間限定公開となりますが、Basic編以上によりわかりやすく、さらに学べるレッスンを心がけます。よろしくお願いします。

英語の話し方、実践編。中級編 Unit 4 名詞の修飾 2 現在分詞  英会話上達のために英語の仕組みを学ぶ

名詞の修飾の仕方も日本語と英語とでは真逆であることが多いです。前回 Unit4-1 では、名詞を修飾する代表選手、形容詞に焦点をあてましたが、このレッスンでは現在分詞(動詞のing形)が形容詞として働く場合について解説します。形容詞としてのingですから、基本的考え方は形容詞の場合と同じです。より高度な表現力の幅を持っていただくために、動詞のingが名詞を修飾するその感覚を理解していただきます。

学校英語をぶっ壊す
英語を英語らしく話すために、まず英語の発想を身につける。英会話上達に悩まれる方への気づきとコツ。

私たち日本人のほとんどが中学、高校で英語を6年間学習しますが、それで英語が話せるようになる人はほとんどゼロといっても過言ではありません。そればかりか、その6年間で間違った英語学習の仕方を植え付けられます。和文英訳、英文和訳、必要以上に難しく教わる英文法、英単語の無意味な暗記。結果、日本人の多くが、日本人にしか通じないような英語(?)を話してしまいます。日本語の考え方で英語を話してしまうからです。
英語には英語の、日本語には日本語の発想があり、その発想の違いを理解しないで、英語を詰め込もうとすることに無理があるのです。
英会話学校に通っても、それまで植えつけられた和文英訳英語、日本語的発想で英語を話すことからなかなか抜けられないので、思うように効果が上がりません。
一度、じっくり英語と日本語の発想の違いを理解して、英語の発想で英語を話すということが具体的にどういうことなのか、理解し、英語の発想で英語を話そうとする練習をすることが必要です。そうすれば、日本人の英語力は今の何倍にも上達することを私は身をもって体験しております。その方法をここに紹介します。
英語の発想が理解できれば、なんだ、そんな簡単なことか、と驚くことでしょう。英語の話し方とタイトルにあります。このビデオ講座があなたの英語力を根本から改造するお役に立てば、と心より願っております。
オフィシャルサイトは
https://eigomanabou.com/eikaiwa/
ブログは
https://eigomanabou.sakura.ne.jp/db/?…
Facebook 英会話ガンバルぞー倶楽部
https://www.facebook.com/eikaiwaganba…

関連記事

  1. 子供のための英語を学ぶ – キネティックサンド キャンディ…

  2. PS4版 BIOHAZARD6 CHAPTER1 PART1英語字幕

  3. 酒田市 /塾/コウル/鶴田先生/英語/クッキング/パンケーキ/作ろう

  4. 中学英語勉強のやり直し be動詞の使い方(過去形)その4

  5. VOAニュースで英語を学ぶ、英語を向上させるVOAで英語を学ぶ、コンパ…

  6. 【プラスワン英語法】1分で英語学習~いろんな挨拶~(What̵…

  7. 英語勉強法:最近の便利な語学学習環境

  8. 英語を英語っぽく読むには?独学でTOEIC満点、IELTS8.5、英検…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。