クリスマスプレゼント開封🎅オリビアの初クリスマス🎄国際結婚|英会話|英語リスニング

英語のリスニング力アップのためのこの動画のベストな活用方法については、下記をご確認ください★★

《今日の動画について》
随分遅くなりましたが、クリスマスプレゼント開封動画となります!今年は初めてアレックスが「クリスマスプレゼントに◎◎がほしい!」とか言ったりして、「もうキッズなんだ!」って親として嬉しく思いました。国際結婚と言っても、やっぱり、子供への愛とか家族への想いはどこの国でも一緒だなと本当に想います。

動画の最後らへんにタカのちょっとおもしろい踊りが見れるので是非最後まで見てください!

《お勧めの動画》
◆2018年の全てのクリスマス動画
https://www.youtube.com/watch?v=NPqX0
◆12月の1日に密着
https://www.youtube.com/watch?v=NPqX0
◆モーニングルーティーン
https://www.youtube.com/watch?v=xGHmF

**Follow us**
Instagram: https://www.instagram.com/bilingualbaby/
Twitter: https://twitter.com/bilingualbaby01
Blog: https://ameblo.jp/bilingualbaby

《この動画を英語の勉強にどうやって使う?》
「聞き流し英語」的な感じでこの動画を是非見てください。私達のチャンネルで、実際にネイティブが使っている英語の文法も使っていますし、変にスピードも落としていませんので、このスピードにある程度慣れてたら、海外に行ったらばっちりなはずです! ですので、是非こちらの動画で英語のリスニングの勉強していただければと思います! なお、英語のリスニング力アップのためのこの動画のベストな活用方法があります。4ステップ法

①まず、動画を最初見る時に、日本語の字幕を見ながら楽しく動画を最初から最後まで見る。このステップは「英語を勉強する」ステップではなく、単純に「動画の内容」と「ストーリーの展開」を覚えるステップです。つまり、英語・日本語関係なく、この動画で何が起きているかを理解することがステップ1です。ここであまり英語の勉強を気にしなくてもいいです。

②もう一度動画を見るけど、今度は、各フレーズ(気になるフレーズ)を1つ1つ丁寧に聞いて、英語と日本語の字幕(両方とも)一緒に読んで、英語のフレーズ(英語の表現)や言い方を意識する。一時停止したり、巻き戻したりすると理解しにくい英語の表現を理解できるかもしれません。信じがたいですが、私達の動画に本当に「知っておくべき英語」が厳選されています。なのでどのフレーズを学んでも損ではありません。「生きた英会話」と思っていただければと思います。

③もう一度動画を見る。今後は、日本語の字幕を絶対に見ないで動画を見る。理解できない場合は、絶対に英語の字幕だけを見る。なので、このステップは、「海外に留学したばかりの人になった気分」。つまり、日本語に頼らないステップ。

④英語の字幕と日本語の字幕、どれも全く読まないでで最初から最後まで動画をもう一度見る。 絶対に、自分の理解度に驚くはずです。100%は理解できないかもしれないが、聞く前と比較すると本当にビビるぐらい英語力が伸びる。「ええ?これだけで英語力が上がるの?」と思われる方が多いと思うけど、4回も同じ箇所を見ているので、それだけで思っている以上に英語が身についている(同じ歌を4回聞けばなんとなく歌えると一緒)。留学する時に、こういう風にみんな学ぶ。因みに幼児も同じように言語を学ぶ。 この4つのステップを踏んだ後に、もしまだ動画の内容が完璧に理解できないということであれば、リスニング聞き取れなかった箇所だけに戻り、更に2—3回を聞くことがお勧めです。 最後ですが、もし、使っている英語について何か質問があればいつでもコメントで聞いてくださいね。他の視聴者のためにもなるし遠慮なく聞いちゃってください。 では、
Good luck!!!

#クリスマス #プレゼント開封 #英語

関連記事

  1. ワールドカップに関する英会話world cup english

  2. 英会話教室 辞めた理由

  3. 英会話のEnglish Chat Cafe listening 28 …

  4. 英会話の目標を声に出そう!!

  5. 【ネイティブキャンプ英会話】Lynn講師

  6. オンライン英会話:「Negosiating Solutions 」(ビ…

  7. うさちゃん英会話

  8. オンライン英会話hanaso 【Michaela先生】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。