【実況オンライン英会話 009】米国アーカンソー州の教師が銃を携行

生徒の銃携帯が許されている以上、教師が携帯するのも仕方ないと思います。

銃がすでに一般市民にも出回ってしまっているアメリカ銃社会。
これが、いかに非効率なことなのか、住んでいる人は分からないのでしょう。

人間なんて、感情的な生き物です。
銃が手元にあれば、カッとなって、いつでも相手を殺せるし、殺される可能性もあります。

今更、出回っている全ての銃を、回収するのは、事実上不可能です。
よって「相手が持っているから、自分も護衛のために持つのは許される」という理屈でしか、
国民を説得できないアメリカ社会は、非効率であり危険なのです。

関連記事

  1. 英会話のレッスン「チャット」って何?岡崎市のりぶらにて開催しているレッ…

  2. KONICA MINOLTA オンライン英会話【Josh先生】

  3. ウェブリオオンライン英会話 未来の先生展

  4. 【ネイティブキャンプ英会話】Greta講師

  5. 【ネイティブキャンプ英会話】Alex講師

  6. “All work and no play lately.…

  7. メルちゃん プリキュア 英会話 朝に使えるフレーズ【おはよう】

  8. 23 【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。