名作で楽に英語学習★「HAPPY PRINCE」(幸福の王子) 英日対訳サンプル動画

元となる電子書籍「【英語学習用】『英語で名文が楽にガンガン読めるシリーズ』「幸福の王子 THE HAPPY PRINCE」※和訳・単語意味・動画・音声付き Kindle版 」の特典動画のサンプルです。
http://ur0.link/Kpfq

★本動画の特徴
・動画を再生しながらそのスピードに合わせてリーディングをすることで、自然なスピードで英文を読む練習が出来ます。

・日本語でも疎遠になっている傾向のある読書の代わりに、私たちが普段の生活でなじみのある動画形式で英文に触れることで、気軽にリーディング力を高めることが出来ます。

・嵩張るテキストや端末にダウンロードが必要な電子書籍と違い、スマホとネット環境さえあればいつでもどこでも気軽に英文に触れることが出来ます。

・また英文のすぐ下に和訳があることで、すぐに意味を参照することが出来、初学者でも挫折することなくリーディングに慣れることが出来ます。

★オススメの学習方法
1:本文内に出てくる難しい単語の意味も記載されているKindle本を一読して理解する
2:動画を見る ※意味がとれない箇所は一時停止する
3:1と2の反復
4:3によって文章に慣れたら、原文のみで読んでみる
※原文ダウンロードURL
https://www.amazon.co.jp/Happy-Prince
5:リスニング音声を移動時間に聞き、リスニングだけで意味をとれているか確認
6:HAPPY PRINCEの英文の血肉化完了。
7:その後は適宜、動画を1.5倍、2倍で見る、音声を倍速で聴くなど挑戦、復習する
8:最終的にリスニングだけで復習が完結する状態まで仕上げる

※その他→リスニング音声を聞きながら、Kindle本を読むことで、単語の意味も確認しながら読み進めることが出来ます。また、上でご紹介した原文をリスニングしながら読むことで、和訳無しでリスニング&リーディングが出来るため、難易度調節をすることもできます。

※リスニング音声は、各文についている番号に対応しているので、聞き取りが苦手な音声や単語の意味が分からなかった音声データだけを抽出して聞くことで、簡単に学習の効率化が図れます。

・反響があれば、スラッシュ付きの動画や他の名作についても作成しようかと思います。

・英文 語数:約3500字。
※センター試験2018第6問:約600語
※トイックPART7全体平均での単語数 約4150語
(TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉より)
→名文に楽しく触れているだけで、各種試験に対応出来る長文読解力を簡単に養成することが可能です。
—————————————————————————————————————————————————-
This movie on YouTube is from “The Happy Prince and Other Tales”
Oscar WILDE (1854 – 1900)

『原文』パブリックドメイン
http://www.gutenberg.org/ebooks/30120

『朗読』Joy Chan
https://www.youtube.com/watch?v=OxEi8
※クリエイティブ・コモンズ表示ライセンス

『翻訳文』
<版権表示>
Copyright (C) 2000 Hiroshi Yuki (結城 浩)
本翻訳は、この版権表示を残す限り、 訳者および著者にたいして許可をとったり使用料を支払ったりすること一切なしに、 商業利用を含むあらゆる形で自由に利用・複製が認められます。
プロジェクト杉田玄白正式参加作品。
<版権表示終り>

『編集』:PICHAN

関連記事

  1. ピーター・ラビットで簡単英語学習 No.3 パート3 くしゃみ

  2. Nativesが学んでいる英語Grade1B-9

  3. Cute Kid |英語を学ぶキッズアートカラードロー

  4. 水戸の英語塾グッドスクール 中3クラス

  5. もう騙されない!英語教材の正しい選び方

  6. 英語 作文 現在完了・完了③

  7. TOEIC930クイズで 暗記17日目.英語勉強

  8. 【愛和学園】3歳児の英語「サイバードリーム」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。