20180425下松・新1年生が体験学習で仲間づくり 華陵高校

山口県下松市の高校で、入学したばかりの1年生が県独自の体験学習で交流を深めました。下松市の華陵高校で行われたのは、「AFPY」と呼ばれる体験学習です。「AFPY」はAdventureFriendshipPrograminYamaguchiの頭文字をとったものです。10年以上前から県が独自に取り組んでいるもので、簡単なゲームなどを通じてよりよい人間関係を築くことが目的です。全員の指が離れないようにフラフープを下に下げていくゲームは、想像以上の難しさです。華陵高校では、新1年生を対象におよそ5年前から授業に取り入れています。県内唯一の英語科があり、今年度は県東部を中心に118人が入学しました。参加した生徒は「話したことない人とやれて楽しかった」「今後はみんな仲よくできそう」などと話していました。4月は、6つの高校で同様の体験学習が行われます。

https://tysnewstime.jimdo.com/2018/04…

関連記事

  1. フォトリーディング ~「村上式シンプル英語勉強法」~本の紹介

  2. アメリカン・イングリッシュ・ハウスパーツを学ぶ

  3. 【Wow キッズ英語 】Animal Stories for Kids…

  4. Learning English in Japanese (英語を学…

  5. 元NFLチアリーダーの英語勉強法lアメリカ留学l海外生活lチアリーダー…

  6. 【発信内容】ビジネス・英語

  7. 現在の僕の英語力を晒してみた笑

  8. 【プラスワン英語法】「a」と「the」の違いを10分でマスターしよう!…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。