英語学習法#06. 英語(外国語)に「向き不向き」はあるのか?【John CorrollのMLAT】

言語学習には適正は存在するでしょうか?言語学者のジョン・キャロルは以下のような4つの点を挙げています。
1. 音声符号化能力
2. 文法に対する敏感さ
3. 連想記憶能力
4. 帰納的学習能力
これらに共通するのは「結びつき」。「結びつける能力」はどう伸ばせるのか解説します!

関連記事

  1. 【告知】今後の英語学習方法提供活動について

  2. 誰もがこの英語を間違える(英語を教える日本人も)!!!イギリス英語レッ…

  3. 『すごく恥ずかしい。』を英語でいうと❓フレンズ+…

  4. 【ゲームで英語学習】#2 We’ll make it「きっ…

  5. まず英語を学習するには何がおすすめか?明確に英語の上達を実感するソフト…

  6. 英会話Peryの草加「氷川町教室」4才クラス英語学習歴2ヶ月Q…

  7. 【プラスワン英語法】1分で英語学習~なんでもいいけど~(Whateve…

  8. 「学習コース」のレベル設定/変更方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。