英語の話し方、実践編。Unit 14 doing & to do 5 英会話上達のために英語の仕組みを学ぶ。

英会話、何が何でも身に付けたい方は以下のサイトへ
http://eigomanabou.com/order/order01….
私のビデオレッスンをきちんと体系立ててしっかり学習されたい方は
以下のURLから無料メールレッスンが受けられます。
ビデオだけでなく、関連事項を付け加え、日本人が間違いそうなワンポイントレッスンなど付け加えているので、YouTube動画だけよりずっと分かりやすく、しっかり学べます。
http://eigomanabou.com/order/lessonma…

英語の話し方、実践編。Unit 14 doing & to do 4 英会話上達のために英語の仕組みを学ぶ。
動詞のing形とto不定詞も、必要以上に難しく、ややこしく学校で教わってしまうので、多くの日本人英語学習者が使いこなせていません。もっと単純に理解して、この便利な二つの形を自由に使いこなせるように、今回のビデオをお役立てください。

学校英語をぶっ壊す
英語を英語らしく話すために、まず英語の発想を身につける。英会話上達に悩まれる方への気づきとコツ。

私たち日本人のほとんどが中学、高校で英語を6年間学習しますが、それで英語が話せるようになる人はほとんどゼロといっても過言ではありません。そればかりか、その6年間で間違った英語学習の仕方を植え付けられます。和文英訳、英文和訳、必要以上に難しく教わる英文法、英単語の無意味な暗記。結果、日本人の多くが、日本人にしか通じないような英語(?)を話してしまいます。日本語の考え方で英語を話してしまうからです。
英語には英語の、日本語には日本語の発想があり、その発想の違いを理解しないで、英語を詰め込もうとすることに無理があるのです。
英会話学校に通っても、それまで植えつけられた和文英訳英語、日本語的発想で英語を話すことからなかなか抜けられないので、思うように効果が上がりません。
一度、じっくり英語と日本語の発想の違いを理解して、英語の発想で英語を話すということが具体的にどういうことなのか、理解し、英語の発想で英語を話そうとする練習をすることが必要です。そうすれば、日本人の英語力は今の何倍にも上達することを私は身をもって体験しております。その方法をここに紹介します。
英語の発想が理解できれば、なんだ、そんな簡単なことか、と驚くことでしょう。英語の話し方とタイトルにあります。このビデオ講座があなたの英語力を根本から改造するお役に立てば、と心より願っております。
オフィシャルサイトは
http://eigomanabou.com
ブログは
http://eigomanabou.sakura.ne.jp/db/?p…
Facebook 英会話ガンバルぞー倶楽部
https://www.facebook.com/eikaiwaganba…

関連記事

  1. 『時間の無駄よ。』を英語でいうと❓ロスト⭐…

  2. 英語学習 ~モチベーションを上手に保つ方法~

  3. 最初の言葉 #3 列車 |子供の歌 |英語の子供を学ぶ

  4. 英語の話し方、実践編。中級編 Unit 4 名詞の修飾 2 現在分詞 …

  5. ぬこ。の英語学習

  6. 英語の勉強のコツ4つ

  7. TOEIC660クイズで 暗記20日目.英語勉強

  8. 第1回:英語を「頑張らない」とは?<ラジオ「西澤ロイの頑張らない英語」…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。