shouldの使い方~英会話の基礎13のフレーズ

shouldの使い方~英会話の基礎13のフレーズ【続きはこちら】⇒ http://yotufi.com/c/n8nojr

実際に外国人と話してみると、多くの人は教材で覚えたはずの単語やフレーズが口からまったく出なかったりします。

あなたも頭が真っ白になったなんていう経験があるかもしれません。

それは自分の言いたい事を言うためにどのフレーズや単語を使えばいいのかが暗記ではちゃんと分かってないからなんです。

理解という過程を省いてただ漠然と暗記した所で、その単語やフレーズを使ってセンテンスを紡ぐ能力(覚えた単語やフレーズをその場にあった形に組み合わせる力)がなければ話せないのです。

例えば、あなたは「それとって」と英語で頼めますか?

「取るって英語でどう言うの?Do you?で聞けばいいの?」
とこんな簡単な一言でも考えてしまうと思います。

これは根本的に英単語やフレーズの基礎的な使い方を理解出来てないため、こういった疑問が湧いてしまうのです。

もちろんこんな状態で外国人による直接レッスンを受けても成長しないのは目に見えてますよね。

なぜなら、こんな状態では・・・

詳細はこのスペースの限られたYoutube内ではお伝えしきれないので、もし、少しでもご興味がありましたら、ホームページをご覧になってみてください。

お待ちしております。

英会話の基礎13のフレーズを今すぐ確認する!
http://yotufi.com/c/n8nojr

.

関連記事

  1. 『ラジオ英会話』2017年6月23日【遠山顕 】

  2. 【英会話フレーズ】海外でのショッピング、色やサイズ違いを聞きたい時は

  3. ティーンのぶっちゃけ!英会話 第164回 新年の誓いは

  4. 【海外生活】子供が骨折。アメリカの病院の英会話

  5. 鍼灸マッサージ師のための英会話講座3 施術中編

  6. 100円英会話のパロッツ君「Rina先生」

  7. 伊藤正雪祝勝会に250人、海外想定し英会話も本腰

  8. 憧れだった英会話教師と

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。