Bizmates無料英語学習 Words & Phrases Tip 112 “It’s not for me to say, but…”

無料ビジネス英語学習 Words & Phrases 第112弾は、“It’s not for me to say, but…” です。

自分のことではないけれど相手にうまくアドバイスをしたい場合ってありますよね。
今回はそんな場面で使えるフレーズです。

例えば、同僚のヒカとタロウが会話をしています。
“Our vendor just gave me an expensive gift.”「お客様から高価な贈り物を頂いたよ。」とヒカが言いました。
「私が言うべきではないかもしれないけれど、返した方がいいかもね。」と伝えたい場合、あなたなら何と言いますか。

“You should return it.”「返すべきだ。」
ヒカからすると、タロウに関係のないことですので強すぎる表現に聞こえます。

そこで
“It’s not for me to say, but maybe you should return it.”「私が言うべきではないかもしれないけれど、返した方がいいかもね。」
と言ってみましょう。相手のことを考えてアドバイスしていることが伝わります。

ぜひビデオで発音をチェックしてください。

【ビジネスパーソンのための英語学習ポータル「Bizmates Channel」】
▼このコンテンツ(ビジネス英会話レッスン動画)の詳細はこちら▼
http://goo.gl/ijCu1o

【オンラインで学ぶ「高品質」ビジネス英会話 Bizmates(ビズメイツ)】
▼Webサイトはこちら▼
http://www.bizmates.jp/

関連記事

  1. 【English】私、英語勉強します!【Quiz】#140

  2. #19 日本語での英語学習 Cambridge English つくば…

  3. 丸暗記に頼らない英会話学習 動詞putでこれだけ話せるその2

  4. 丸暗記に頼らない英会話学習be動詞でこれだけ話せる その18

  5. ウィリーズ英語塾 Yami先生

  6. カナダ•バンクーバーでワーホリを始める前のKさんの英語

  7. 【センター英語】第4問のB(広告・Webサイト)対策~見るべきポイント…

  8. 【七田式英語教材に挑戦!】10歳のM.Y.ちゃんが、幼児・小学生のため…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。