浦島太郎2 日本の童話で英語学習に役立てよう

浦島太郎です。英語ではTHE STORY OF URASHIMA TARO、そのまんまですね。
ナレーションが上手なので、ストーリーを知っていても引き込まれます。
何度でも聞きたくなる不思議なナレーションです。
いつの間にか英語のリズムに慣れるでしょう。

英語字幕+難しい単語には単語の意味の字幕あります。

大雑把に内容を理解できればOKです。完璧を目指すのは、時間の無駄です。
この動画の8割が聞き取れるようになることを目標にしましょう

日本語にするの不自然な部分や、意味がわからない部分も結構あると思います。
でも気にしないで前に進んでください。勉強を続けていくと、以前はわからなかった言い回しの意味が、別の文脈から理解できたりするものです。
いつか必ずわかるようになります。

どんな人だって、最初から出来る人なんていません。
知らないところで努力しているんです。

英語に1000時間は浸っていると、かならず英語はわかるようになります。
ちょっとずつ前に進んでいます。だから頑張って続けてください。継続は力なりです。

関連記事

  1. アベルとなかまたち – Phonics 【 pr 】 # …

  2. 英語勉強法~完全版~【私立大学受験合格メソッド】

  3. 英語の勉強は日本の漫画でやろう!アメリカの本屋には英語版の日本の漫画が…

  4. Nativesが学んでいる英語Grade1E-18

  5. レディーガガ – Applause【歌詞/和訳/日本語】L…

  6. 中学英語の勉強法☆リスニングや長文で高得点を取るには?

  7. 英語 フリートーク形式で質問を受け付けつつオーストラリアアクセントで音…

  8. 34.どの英語テストに挑戦すればよい?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。